ダイレクト採用、成功の近道 35万件の採用データ活用した
戦略提案実行支援

  • NISSAN MOTOR CORPORATION
  • SONY
  • Yahoo! JAPAN
  • OMRON
  • PWC
  • Money Forward
  • DiDi Food
  • ANKER
  • sansan
  • baycurrent

御社のダイレクト採用、 こんな課題ありませんか?

  • 候補者からの
    返信が無い

  • 工数がかかりすぎる

  • ダイレクト採用で
    成果が出ない

  • アクティブな
    タレントプールを作れない

  • ダイレクト採用媒体の
    違いがわからない

  • 運用メンバー
    社内にいない

ダイレクトソーシング社
できた理由

代表取締役社長竹村朋晃

詳細な経歴

勘と主観による 採用を変えたい。

採用支援の会社を立ち上げて一番感じたことは、企業は候補者を勘や主観で採用することがほとんどだということです。
ダイレクトソーシング社ではこの課題をデータを使って解決したいと思っています。
企業が候補者をスキルで採用できるようになれば

  • 会社にとってよりマッチした候補者と働ける

  • 候補者は様々な会社で自分の力を発揮し続けられる

ようになるはずです。

背景にある構造的な問題

背景にある構造的な問題1

日本はエージェントや
求人メディア経由の
採用が多い

日本 エージェント・媒体 55%、アメリカ エージェント・媒体 23%

※2015年度のアメリカの採用経路
(リクルートワークス研究所より)

背景にある構造的な問題2

ダイレクト採用は
専門的スキルが必要

セールス・マーケター・アドバイザー、エンジニア・データサイエンティスト・リサーチャー

背景にある構造的な問題3

ダイレクト採用に必要な
スキルを持っている人材
社内にいない

弊社がダイレクト採用の
問題を解決
します

問題解決01

データによる
ダイレクト採用の
戦略立案

過去35万件、全20種類媒体のソーシングデータがダイレクト採用を成功させる最短ルートを導き出します。
戦略立案と運用を支援できる媒体は、ビズリーチ、LinkedIn、Green、Wantedlyなど全20種です。

LinkedIn, paiza, Wantedly, Qiita, Eight, forkwell, LAPRAS

問題解決02

テクノロジーによる
スカウト効果の最大化

運用工数をテクノロジーによって徹底的に効率化。
エンジニア中心メンバーの組織だからこそ提供できる価値です。

問題解決03

クラウドレポートが
採用のPDCAサイクルを
圧倒的に速くします

すべてのダイレクト媒体の候補者、返信率、面談率がクラウド上で閲覧可能。
PDCAサイクルが速く、目標達成に最短で到達できます。

問題解決04

国内トップクラスの
LinkedInの運用ノウハウ

弊社はLinkedInの日本で初の正規代理店です。
LinkedInの運用でお困りの際はお問い合わせください。

よくあるご質問

Q. サービス料金はいくらですか?
A.

価格表ダウンロード」からお問合せください。

Q. 運用実績のあるダイレクト採用媒体は何ですか?
A.

下記20種類以上の媒体です。

  • LinkedIn
  • ビズリーチ
  • Wantedly
  • AMBI
  • OpenWork
  • Green
  • LAPRAS SCOUT
  • Forkwell Jobs
  • doda Recruiters
  • 日経キャリアNET
  • Eight Career Design
  • Liiga
  • enミドルの転職
  • LabBase
  • ミイダス
  • Qiita jobs
  • Paiza
  • キャリトレ
  • キャリアクロス
  • LiBzCAREER
  • iroots

※上記に記載のないメディアもご相談可能です。

Q. 最短でいつから採用の支援が可能ですか?
A.

2週間の準備期間を経てから、採用支援が可能です。

Q.
どんな企業の採用を支援しているのでしょうか?
A.

外資系企業や日系大手企業を中心に、ベンチャー企業の採用も支援させていただいております。
詳しい事例はこちらからご覧いただけます。

Q. 採用を支援する中で、特に得意な業種や職種はありますか?
A.

通常、採用が難しいポジション(AIエンジニア、データサイエンティスト、CxOクラス、研究者など)の採用実績が多いです。
その他の業種・職種の採用実績も多数ございます。

Q. 契約期間はどれくらいでしょうか。
A.

原則、最低契約期間は6ヶ月間です。1年契約の場合は、6ヶ月プランより割引が効きます。
より短期間での契約をご希望の場合は、こちらまでお問い合わせください。

Q. ダイレクトソーシング社ならではの強みは何でしょうか?
A.

2点あります。
1点目は、データに基づいたダイレクト採用の戦略立案および実行まで支援できる点です。過去35万件、全20種類以上の媒体のソーシングデータを独自に保有しており、ダイレクト採用を成功させる最短ルートを導き出すことができます。エンジニア中心メンバーの組織だからこそできる価値です。

2点目は、ポジションについて深い知見を持った人間が採用支援をする点です。例えばエンジニアの採用支援はエンジニア経験者が、マーケターの採用支援はマーケティング経験者が行います。

Q. サポート体制はありますか?
A.

ございます。ダイレクト採用を実施したことがない、もしくは始めたばかりのお客様でも、安心してダイレクト採用をスタートし、成果を出せるよう支援させていただきます。具体的には、電話面談のやり方、カジュアル面談のやり方、求人票の改善、採用プロセスの効率化、会社ページのPVアップなど、様々な改善プログラムを用意しております。

Q. 普段のコミュニケーションは何で行うことができますか?
A.

Eメール、Slack、Chatwork、Teamsなど様々なツールに対応可能です。基本はオンラインで、やりとりをさせていただきます。

Q. 新卒採用のダイレクト採用支援は可能でしょうか?
A.

もちろん可能でございます。詳しい事例・実績に関してはこちらよりお問い合わせください。

Q.

海外にいる人材のダイレクト採用支援は可能でしょうか?

A.

もちろん可能でございます。詳しい事例・実績に関してはこちらよりお問い合わせください。

Q.

採用ブランディングの依頼も可能でしょうか?

A.

もちろん可能でございます。流入経路解析やユーザーインタビュー、競合分析などを通して最適なメディア・SNSを設計。採用ペルソナへの認知・興味・欲求を喚起するクリエイティブ制作・運用が可能です。
詳しい事例・実績に関してはこちらよりお問い合わせください。

Q. コミュニケーション工数が余計にかかりそうですが、ダイレクトソーシング社に採用支援を依頼することでどれくらい工数は削減されますか?
A.

結論、工数は増えないです。前提として原則、人事担当者ではなく採用責任者と直接コミュニケーションを取らせていただくことが多いです。プロジェクト開始後、候補者のイメージを共有するために、初期ヒアリングやフィードバックに2時間程度頂きますが、これにより精度を高め、人事書類選考の工数削減を狙います。某支援先企業では、書類選考通過率が80%-90%程度と高い数値を実現できています。さらに、実際にスカウトメールを送った候補者の集計データをもとに、採用責任者とターゲットのすり合わせを行うため、PDCAを高速で回すことが可能です。

Q. LinkedInの基礎的なことについて教えてください。
A.

こちらをご確認ください。

導入までの流れ

  • 01

    ヒアリング

    ダイレクト採用における課題、
    ポジションについてのご相談

  • 02

    シミュレーション

    各ダイレクトメディアの
    母集団調査、
    ダイレクト採用のKPI設定

  • 03

    ご契約

    ご契約書の締結

  • 04

    開始

    プロジェクトの開始

会社概要

会社名 株式会社ダイレクトソーシング
設立 2015年11月
代表取締役 竹村 朋晃
役員 竹村 朋晃(CEO)共同創業者
三島 健太(CTO)共同創業者
中谷 顯嗣(CFO)
野見山 良樹(CSO)※Chief Success Officer
中村 洋介(COO)※Chief Operation Officer
中澤 正記(社外監査役/常勤)
高橋 勝之(社外監査役)
小田部 絵里香(社外監査役)
従業員数 35名
所在地 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4
資本金 1,000万円
取引銀行 三井住友銀行
事業内容 ダイレクトソーシングを中心としたデータドリブンリクルーティング
セキュリティ

プライバシーマーク付与 認定
万全のセキュリティ体制と管理下で、お客様の情報をお預かりし、サービスを提供させていただきます。安心してご利用いただける環境整備作りに今後も取り組んでいきます。

プライバシーマーク 17003856(01)

課題にあわせた提案をします

ダイレクト採用、成功の近道

35万件採用データ活用した
戦略提案実行支援