ダイレクトメディア(中途)
2024.07.10

YOUTRUST(ユートラスト)での採用|特徴・料金・使い方・評判を解説

YOUTRUST(ユートラスト)とは、社員の「友達の友達」までをスカウト可能なキャリアSNSです。

採用市場が厳しさを増す昨今。社員から知人を採用候補者として紹介してもらうリファラル採用を検討・導入する企業も多いのではないでしょうか。
こうした背景から、YOUTRUST(ユートラスト)は、リファラル採用をより効率的・体系的に行えるサービスとして注目されています。

そこで本記事では、YOUTRUST(ユートラスト)について、特徴や注意点、料金、有料版と無料版の違い、使い方、評判を解説します。

また今回は、YOUTRUST(ユートラスト)を含む各種スカウト採用が可能なサービスの比較資料(PDF)を無料でプレゼントします。
情報収集の手間と時間を省略できますので、ぜひこちらからお受け取りください。



➡︎資料の無料ダウンロードはこちら

YOUTRUST(ユートラスト)とは

YOUTRUST(ユートラスト)とは、社員の「友達の友達」までをスカウト可能なキャリアSNSです。

社員の友人・知人を紹介してもらう「リファラル採用」と、企業が自社の求める人材に直接アプローチする「スカウト採用」を掛け合わせたサービスとイメージすると分かりやすいでしょう。

なおキャリアSNSとは、仕事や職歴(キャリア)に特化したSNSを指します。その他の代表的なキャリアSNSとしては、LinkedInやWantedlyなどが挙げられます。

YOUTRUST(ユートラスト)の特徴10選


YOUTRUST(ユートラスト)の特徴10選を紹介します。

社員の「友達の友達」までをスカウトできる

YOUTRUST(ユートラスト)の特筆すべき特徴は、社員の「友達の友達」までをスカウトできるという点です。
一見すると制限のようにも思えますが、友人・知人だからこそ一定以上のマッチ度を担保でき、スカウトに対する反応も得られやすいでしょう。

連携したFacebook上でのつながりやプロフィールの類似性によって友達であるかが判断されます。
プロフィールを検索して申請をすることで友達になることも可能です。

スカウトの返信率は30~40%と高い

YOUTRUST(ユートラスト)上でのスカウト返信率は30〜40%であり、一般的なスカウトメールの返信率はおよそ10%前後であることを考えると、非常に高いことが分かります。

これは、前項目の「友達の友達までをスカウトできる」という仕様による影響が大きく、友人・知人からのスカウトであれば、より反応を得られやすいといえます。

転職に前向きな割合は約60%

YOUTRUST(ユートラスト)における登録ユーザーのうち、転職に前向きな割合は約60%です。
より具体的には、転職顕在層の「積極的に転職活動をしたい」と転職潜在層の「良い案件があれば転職したい」を合わせて約60%となります。

とりわけ、「良い案件があれば転職したい」と答えたユーザーの割合は約35%であり、一般的な転職サイトには少ない転職潜在層へもアプローチできる点は強みといえるでしょう。

転職意欲・副業意欲の高さを4段階でリアルタイムに確認できる

YOUTRUST(ユートラスト)では、登録ユーザーの転職意欲・副業意欲の高さを4段階でリアルタイムに確認できます。
具体的には「積極的に探している」「検討している」「いい案件があれば」「全く考えていない」の4段階です。
採用担当者は、特定の段階を設定した条件検索を行えます。

AIを用いたスカウトメッセージのカスタマイズも可能であり、より効率的に候補者の現状に寄り添ったメッセージを送信できます。
また、気になる候補者の意欲に変化が生じた際には通知してもらうため、好機を逃さずにアプローチが可能です。

YOUTRUST(ユートラスト)のみを利用しているユーザーは約40%

YOUTRUST(ユートラスト)のみを利用しているユーザーは約40%である点も特徴といえます。
つまり、他の転職サービスを利用しておらず、YOUTRUST(ユートラスト)上でしか出会えない人材が全体の4割を占めているのです。
この特徴を踏まえると、他の転職サービスと併用しての利用を検討する価値があるといえるでしょう。

スカウト候補者はリスト化して社内メンバーで共有可能

YOUTRUST(ユートラスト)は、「気になるリスト」機能を搭載しており、気になった人材をリストにまとめてストックしておくことができます。
各候補者の進捗ステータスを一覧で確認でき、未対応や連絡済みなどの条件でリストを絞れます。

また、優先順位や職種ごとにまとめたリストを社内メンバーで共有することもできるため、各候補者の進捗を各担当者がリアルタイムに把握可能です。

チャット形式のカジュアルなUIで気軽にアプローチ可能

YOUTRUST(ユートラスト)上でのやり取りは、LINEのようなカジュアルなチャット形式で行う点も特徴です。
カジュアルなUIだからこそ、企業側としてはより気軽にアプローチでき、候補者側としても返信しやすくカジュアル面談など次のステップへもつなげやすいでしょう。

雇用形態を限定しないため幅広い人材を探せる

YOUTRUST(ユートラスト)は、正社員や契約社員、副業、アルバイト、アウトソーシング(業務委託)など募集する雇用形態の制限はありません。
そのため、多様な職種の人材にアプローチをかけられます。

こうした特徴を活かして、まずはインターンシップのように副業やアルバイトからスタートして、マッチ度が高ければ正社員として採用といったパターンを組むことも可能です。
転職に対するハードルを下げられる点、互いのマッチ度の高さを担保できる点はメリットといえます。

ユーザー層はIT業界の登録者が多い

YOUTRUST(ユートラスト)のユーザー層は、IT業界の登録者が多い点も特徴です。
なかでもエンジニアやセールスが多い傾向にあります。

その他にも、企画職やプロダクトマネージャー、デザイナー、事業開発、マーケティングなど幅広い職種の人材が登録しています。
また、起業や上場、CXOの経験者も多く、スタートアップやベンチャー、大手企業、フリーランスなど経歴も様々です。

カンパニーページで求人案件やカジュアル面談を公開可能

YOUTRUST(ユートラスト)では、「カンパニーページ」と呼ばれる会社情報・メンバー・求人内容などを集約した企業ページを作成できます。

作成したカンパニーページは登録ユーザー向けに公開され、YOUTRUST(ユートラスト)ユーザーであれば誰でも閲覧可能です。
その上で、ページの閲覧者やフォロワーに対しては、カジュアル面談を公開・募集することができます。

カンパニーページは自社に興味・関心をもった候補者の受け皿として活用でき、母集団形成にも有効といえるでしょう。

YOUTRUST(ユートラスト)の注意点


YOUTRUST(ユートラスト)を活用する上での注意点を、4つ紹介します。

友人・知人が少ないと母数が限られる

YOUTRUST(ユートラスト)上でスカウトメッセージを送信できるのは、社員の「友達の友達」までのため、社内ユーザーの友人・知人が少なければ、どうしても母数が限られてしまいます。

母数を増やすためには、Facebookアカウントを連携するとともに、YOUTRUST(ユートラスト)上で見つけた友人・知人には申請をかけてつながりを広げていく必要があります。

Facebookアカウントが無ければWeb版を利用できない

YOUTRUST(ユートラスト)のWeb版を利用するためには、Facebookアカウントが有料版・無料版を問わず必須です。
個人用としてアプリでのみ利用する場合は必須ではありませんが、企業として利用する場合は不可欠といえるでしょう。

そのため、Facebookアカウントをもっていない場合は、事前に作成してから登録を行う必要があります。
ただ、企業用のFacebookページ(ビジネス用アカウント)は用いることができないため、個人用のFacebookアカウントを準備しなければなりません。

ユーザーの年齢が分からない場合がある

YOUTRUST(ユートラスト)では、ユーザーの年齢表示は任意となっているため、年齢指定で検索をかけることができません。
そのため、既卒者なのか、第二新卒者なのか、ベテラン社員なのかは、職歴などその他の記述から推察する必要があります。

スカウト履歴の管理・共有は不可欠

YOUTRUST(ユートラスト)に限ったことではありませんが、重複スカウトを避けるために、候補者のスカウト履歴の管理と共有は不可欠です。
この課題は、リスト機能を用いて候補者とやり取りを行った担当者がこまめに進捗を更新することで解消可能でしょう。

YOUTRUST(ユートラスト)の料金

YOUTRUST(ユートラスト)の料金は、下記の通りです。

  • 無料版がある(※詳細は次項目)
  • 有料版は初期費用10万円+月額20万円~
  • プランは4種類で月額費用やスカウト可能数が異なる
  • 成果報酬はかからない
  • 契約期間は6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月の3種類で長期ほど割安になる

各種キャンペーンなどが行われていることもあるため、詳細は要問合せです。
参照先:YOUTRUSTサービス料金表

YOUTRUST(ユートラスト)の無料版と有料版の違い

YOUTRUST(ユートラスト)の無料版(無料アカウント)と有料版(有料アカウント)の違いは以下の通りです。

スカウトメッセージを送れる対象者

無料アカウントの場合、スカウトメッセージを送れる対象者は「直接の友達」のみです。
送信数に制限はありません。

対して有料アカウントの場合、「友達の友達」までスカウトメッセージを送信できます。
ただし、プランにより送信数の上限が異なります。

閲覧可能なユーザー

無料アカウントの場合、「直接の友達」にあたるユーザーの転職意欲・副業意欲を閲覧可能です。

有料プランの場合、「友達の友達」のユーザーまで転職意欲・副業意欲を閲覧できます。
ただし、所属が同じユーザーの意欲は、無料版と有料版を問わず閲覧できないようになっています。

専任チームによるサポート内容

無料アカウントの場合、YOUTRUST(ユートラスト)の専任チームによるサポートは受けられません。

有料アカウントの場合は、専任チームによるサポートを受けることが可能です。
サポート内容は「条件に合った候補者の選定・推薦」「スカウトメッセージの添削」「正社員化に向けた支援」などが挙げられます。
ただし、有料内のプラン差に応じてサポート内容は異なるため、詳細は確認が必要です。

YOUTRUST(ユートラスト)使い方4ステップ

デメリット

YOUTRUST(ユートラスト)の使い方は以下の4ステップです。

ステップ1.アカウントを作成する

まずはユーザー情報を入力してアカウントを作成しましょう。
企業として採用活動を行う場合であっても、個人用アカウントを作成する必要があります。

アカウント作成は、主にFacebookアカウント連携で行います。
メールアドレス登録やApple ID連携も可能ですが、Web版を利用するためにはいずれにしてもFacebookアカウントが必要となります。

アカウントを作成後に自身(自社)のプロフィールを入力すれば、ステップ1は完了です。

ステップ2.つながりをつくる

Facebookアカウントを連携すれば、友達の友達までにアプローチ可能となりますが、さらに母数を増やすため、つながり申請を行いましょう。

具体的には、「つながり候補」に表示されるため、自身とつながりがありそうなユーザーのプロフィールページから「つながり申請」を行います。

ステップ3.募集をかける

YOUTRUST(ユートラスト)上で募集をかける際には、マイページの「募集」から行います。
初めて募集をかける場合は「新しく募集を作成」を選択します。
募集形式は「カジュアル面談」と「メンバー募集」の2種類です。

なお募集を作成せずに、直接スカウトを行うことも可能です。
その場合はステップ3を飛ばしてステップ4を参照してください。

転職潜在層などを対象にまずは中長期なつながりをもつことを目的とする場合は、「カジュアル面談」、転職顕在層に近い人材を対象に短期での採用につなげたい場合は「メンバー募集」、というように使い分けます。

募集種類を選択したら、職種・働き方を選択肢から選択します。
その後、タイトルと募集に関する詳細を入力して、ハッシュタグを設定すれば完了です。
募集は公開後であっても編集・停止を容易に行えるため、まずは気軽に試しましょう。

ステップ4.スカウトメッセージを送る

「友達の友達」までのなかで気になる人材に対して、チャット形式のメッセージ画面上でスカウトメッセージを送信しましょう。

その際には下記の点を意識すると良いでしょう。

  • プロフィールのどこに興味・関心をもったかを述べる
  • 「友達の友達」の場合は共通の友人の名前を出す
  • 相手が返信しやすい気軽なメッセージを心がける

YOUTRUST(ユートラスト)の評判|導入事例


YOUTRUST(ユートラスト)の評判について、導入事例を基に2つ紹介します。

他サービスより大幅なコスト減に成功したU社

採用時に「自社とのマッチ度の高さ」を最重視するU社。
事業成長に大きく影響するため、高い水準で選考を実施しています。

そのため、主な採用手法は社員からの紹介を募る「リファラル採用」でした。
これまでもリファラル採用を経て入社した社員が高い成果を成果を収めたため、更なる強化を検討します。
その際に着目したのが「友達の友達」の範囲であり、まさにYOUTRUST(ユートラスト)がこのコンセプトを体現していたことから、導入を決定しました。

その結果、正社員3名の採用に成功。
人材エージェントでの採用と比較すると、数%分の費用で成果を得られました。
なお且つ、企業文化へのマッチ度もクリアでき、高い成果を期待できる人材を獲得できています。
また同社は、転職意欲や副業意欲に変化が生じたことを知れる点も、「機会損失をしなくて済む」と評価しています。

つながりを活かして経営層の採用に成功したS社

採用難度が高いとされる経営層の採用を検討していたS社。
YOUTRUST(ユートラスト)を活用して、知人の知人だった候補者へ気軽なスカウトメッセージを送ったことで話が進み、最高技術責任者の採用に成功しました。

スカウトを受けた当人は「全く知らない第三者からのスカウトと比べると、信頼度が段違いに高かった」と述べており、YOUTRUST(ユートラスト)の特色が活かされた好事例といえるでしょう。
また、正社員ではなく副業からスタートし、マッチ度を確認してからの入社だったため、互いに納得度の高い採用が実現しました。

YOUTRUST(ユートラスト)が向いている企業の特徴

YOUTRUST(ユートラスト)が向いている企業の特徴としては、以下が挙げられます。
当てはまる特徴が多ければ、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 業務上、同業者とのつながりが多い
  • IT業界に属する人材を探している
  • 転職潜在層を含めて人材を探したい
  • 既にリファラル採用を実施しており、ある程度機能している
  • 反対に以前ほどリファラル採用の成果が出にくくなった
  • 採用に充てられる予算が限られている

まとめ

YOUTRUST(ユートラスト)とは、社員の「友達の友達」までをスカウト可能なキャリアSNSです。
リファラル採用とスカウト採用を合わせたようなサービスと理解すると分かりやすいでしょう。

YOUTRUST(ユートラスト)の特徴10選を紹介しました。
最大の特徴といえる「友達の友達までをスカウト可能」以外にも、「高い返信率」や「転職意欲の把握」、「チャット形式のカジュアルなUI」など様々な特徴を有しています。

ただし、その特性からそもそも友人・知人がいなければ活用が難しい点は理解しておきましょう。
一方で同業者とのつながりが多い業界に属する場合や、社内で既にリファラル採用がある程度機能している場合などには、より効果的なサービスといえます。

また今回は、PDF資料「ダイレクト採用メディアおすすめ53選」を無料でプレゼントします。
ダイレクトリクルーティング支援専門企業である弊社だからこそ作成できた資料ですので、ぜひ以下からお受け取りください。

「ダイレクト採用メディアおすすめ53選」の資料ダウンロード

45分の気軽な相談会を
開催しています

竹村 朋晃

竹村 朋晃

株式会社ダイレクトソーシング CEO (プロフィールはこちらをクリック) 2005年に野村総合研究所に入社。損害保険システムの構築に従事。2015年11月より株式会社ダイレクトソーシングを立ち上げ。エンジニア経験者中心にデータドリブンリクルーティングを中心としたサービスを展開。

関連記事