LinkedIn求人掲載
2022.09.22

LinkedIn(リンクトイン)の求人って無料?有料?

「LinkedIn(リンクトイン)で求人をするといくらぐらいかかるの?」
そんな疑問に答えたブログ記事です。
皆さんこんにちは!ダイレクトソーシングの小野です。
LinkedIn(リンクトイン)を使って採用に成功している企業が急激に増えております。この記事を見ている方、特に人事担当者の方はほとんどの方がご存知のことと思います。
ただ、まだ日本では普及し始めたばかりなこともあり「求人掲載は無料なのか?有料なのか?」というお問い合わせをよくいただきます。
今回はこのような疑問にお答えできるような内容をまとめられればと思っておりますので、LinkedInの求人掲載にご興味のある方はぜひご覧ください。

LinkedIn早わかりガイド

「手っ取り早くLinkedInのまとまった情報が欲しい」という方は、「LinkedIn早わかりガイド」の資料がおすすめです。
日本初のLinkedInパートナーで200社以上のLinkedIn運用実績がある株式会社ダイレクトソーシングが、LinkedInの機能とLinkedInを用いた採用事例をまとめています。

1.LinkedIn(リンクトイン)の求人機能は無料?有料?

まず、最も多い質問である、「LinkedIn(リンクトイン)の求人機能は無料なの?有料なの?」という質問の答えです。
回答としては、無料でできることも、有料でできることもあります。
まずは、無料でできる機能についてまとめます。

1.1.求人情報をフォロワーにアピールする

LinkedIn(リンクトイン)では無料で会社紹介ページを作成することが可能です。

キャプチャ1-2
上記のアンカー・ジャパン株式会社様の会社ページの例ですが、このような形で簡単な会社概要を記載することが可能です。
また、会社ページ上で投稿をすると、Facebookで投稿するようなイメージでフォロワーの方に投稿を見てもらうことができます。
会社ページを作成した場合、会社ページから求人情報を投稿することが可能です。
企業によっては、この会社ページから「このポジションがオープンしました!」という投稿をします。
この投稿により、会社ページのフォロワーに対して、新たな求人の掲載情報を届けることができます。
また、個人として求人情報を投稿することも可能です。
Twitterをやっている方ならお分かりだと思いますが、つぶやき機能の様なものです。
個人として投稿すると、「つながり」機能で繋がっている方に対して情報を届けることができます。
ですので、会社ページで投稿する場合はフォロワーが、個人として投稿する場合はつながりが多ければ多いほど、求人応募を促すことができます。

1.2.つながりに直接声をかける

先ほども触れたように、LinkedIn(リンクトイン)では、通常のSNSと同じ様に、個人ユーザーとのつながりを持つことが可能です。
そして、そのつながっている個人ユーザーにはメッセージを送ることが可能です。
この機能を用いて、つながっているユーザーに声をかけることが可能です。
ですので、つながりを多く持っておけば、声をかけることができる人数が多くなります。
ただ、つながるまでには、その方の承認も必要になります。
つながり申請を送りすぎて、商業用の目的だと認識されてしますと、LinkedIn(リンクトイン)のアカウントが一時的に凍結されてしまうことがあるので、ご注意ください。

1.3.無料でできる機能まとめ

上記の様に求人情報をフォロワーやつながりに対して届けることは無料の機能で可能です。
ただし、会社ページのフォロワーやつながりが数千人いるといった、特殊な場合でないと、採用活動に利用いただくのは、正直難しいです。
採用活動において本格的にLinkedIn(リンクトイン)を利用したい方は、有料プランをご利用いただくべきです。

2.LinkedIn(リンクトイン)の有料求人機能3つ

先ほどは無料でできる LinkedIn(リンクトイン)の求人機能について書きましたが、採用活動に使うのは難しいです。
ここでは有料の求人機能についてまとめさせていただきます。

2.1.求人を会社ページに掲載する

マイナビやリクナビといった媒体に掲載して、中途採用を行っている企業は多いですよね。
実は、LinkedIn(リンクトイン)上でも求人掲載をすることが可能です。
下図のようなビジュアルになります。

こちらの求人名をクリックすると、それぞれの求人詳細情報を見ることができます。
さらに、求人掲載機能を購入すると、求人詳細情報にマッチした候補者のタイムラインに、求人情報が表示されます。
個人のアカウントのタイムラインの合間合間に下図のような形で表示されます。
(モザイク付で申し訳ないです。)
求人 モザイク
求人を探している候補者は、自ら会社ページまで来て、求人情報を見ます。
しかしながら、それだけでは、求人を探していない優秀な候補者(転職潜在層)の応募を促すことは困難です。
そんな方々にも求人情報を能動的に発信できるため、ただ待っているだけではなく、攻めの採用ができるというのがLinkedInの求人掲載機能の特長です。
また、LinkedIn(リンクトイン)の求人機能には、別サイトで掲載している求人情報にリンクして応募を獲得するものと、LinkedIn上で応募を完結させる「Easy応募」という2種類の掲載方法があるのも特徴的です。

2.2.広告でフォロワー以外に求人をアピールする

LinkedIn(リンクトイン)の広告機能を用いて、ターゲットとなる人材に対して、求人情報を発信することが可能です。
下記のように、候補者のタイムラインの合間に、広告出稿することができます。
スポンサードアップデート
無料の機能で紹介した、会社ページでの投稿では、会社ページのフォロワーにしか、求人情報を発信することができません。
例えばフォロワーが30人しかいなければ、その30人にしか発信できないことになります。
会社ページをフォローしていない候補者からすると、会社ページを探すのは砂漠の中でオアシスを探すような状態です。
広告のターゲティング方法ですが、会社名や業種、職種、職位、学校、スキル、性別など幅広い条件からターゲティングすることが可能です。
こちらの広告機能を用いて、求人情報を発信することで、フォロワーにはなっていない、求人要件に合った候補者対して、情報発信することができます。

2.3.InMailで直接声を掛ける

先ほど、無料の機能の紹介の際に、つながっているユーザーに対して、メッセージを送信することができるという記載をさせていただきました。
ただ、つながりがそもそも少ない場合は、ほとんど機能しません。
そこであるのが、リクルーターライセンスという機能です。
リクルーターライセンスを購入すると、LinkedIn(リンクトイン)に登録している全世界5億7,500万人のメンバーを検索して、求人要件に合う方に、メッセージを送ることが可能です。
ちなみに検索条件も下図のように豊富なため、ピンポイントで、求人要件に合った候補者を検索することが可能です。
キャプチャ
LinkedIn(リンクトイン)で採用を成功している企業はこの機能を使い、コストパフォーマンスを上げながら優秀層の採用に成功しております。

3.LinkedIn(リンクトイン)に求人掲載する際のポイント4つ

では、どのように求人掲載すれば、LinkedIn(リンクトイン)で会社の求人要件に合った候補者の応募を促せるのか?
そのポイントについてまとめました。

3.1.求める人材像をはっきりさせる

どんな求人メディアにあげる際にも大事なことですが、まずは求める人材像をはっきりさせることが大切です。
採用ターゲットが明確に決まらないと、どんな求人詳細を書けばいいか分からず、明確な文章を書くことができません。
それにより、文章もぼんやりとしたものになってしまいます。
ですので、年齢や性別、居住地、経験年数、保有スキル、性格などなるべく具体的に採用ターゲット像を持っておくことが大切です。

3.2.仕事の内容や職務範囲を具体的に記載する

仕事の内容や職務範囲を具体的に記載することも大切です。
基本的には候補者が自ら検索して、求人ページにたどり着いている訳ですので、会社に興味がある候補者が求人詳細を見ます。
ですので、候補者は具体的な仕事内容や職務範囲が気になっております。
候補者が求めている情報に対して、求人詳細内容でしっかりと答えてあげることで候補者の仕事内容を知りたいというニーズを満たし、応募へと促すことが可能です。

3.3.その仕事を通して得られるやりがいやメリットを提示する

3.3で書いたように候補者を応募に促すためには、 仕事内容や職務範囲は非常に大切です。
しかしながら、それだけでは応募しようか迷っている候補者を応募まで踏み出すためのあと一歩が足りません。では、その一歩を踏み出してもらうためにどんなことを記載するのが必要なのか?
それが、その仕事を通して得られるやりがいやメリットを提示することです。
この企業に転職することで今の仕事よりもどのようなやりがいやメリットがあるのかについてなるべく具体的に記載することが大切です。

3.4.会社独自のポジション名称などは使わず、一般的なものを使う

あるあるなのですが、会社ごとに職種のタイトルが違っています。
例えば、営業でも会社毎に、リテール営業、アカウントエグゼクティブ、コンサルタント、、、などポジション名が全然違います。
LinkedIn(リンクトイン)に求人掲載する場合は、なるべく一般的な営業という言葉を登録するのがベターです。
なぜなら、1.2.で記載したようにLinkedIn(リンクトイン)では、求人掲載を上げると、LinkedIn(リンクトイン)のアルゴリズムが働き、求人詳細情報にマッチした候補者のプロフィールに求人を表示することが可能です。
しかし、営業を募集しているのに、アカウントエグゼクティブという記載をしていると、プロフィールにアカウントエグゼクティブという記載があるユーザーのタイムラインには表示されますが、営業と記載している候補者のプロフィールに表示されにくくなります。
求人詳細に記載するのは、営業という一般的なキーワードにすることにより、一般的な言葉になり、求人がタイムラインに表示される候補者も多くなります。

4.LinkedIn(リンクトイン)で求人する際の費用は?

LinkedIn(リンクトイン)で求人する際の費用ですが、申し訳ないですが、ブログに書けないです・・
理由ですが、LinkedIn(リンクトイン)といっても、採用ソリューションの製品がたくさんあり、また国ごと、為替等、様々な要因で価格が変動するからです。

5.LinkedIn(リンクトイン)での求人や費用についてはご相談ください!

求人の費用ですが、上記で上げた理由により、このブログに記載することができません。
また、リンクトイン・ジャパンは日本版の公式ホームページがないため、購入をご検討の場合は、弊社からリンクトイン・ジャパンにつなぐ形になります。
導入についてご検討の方は以下よりご連絡をお願いします。
リンクトイン・ジャパンへの問合せはこちらから

LinkedIn早わかりガイド

「手っ取り早くLinkedInのまとまった情報が欲しい」という方は、「LinkedIn早わかりガイド」の資料がおすすめです。
日本初のLinkedInパートナーで200社以上のLinkedIn運用実績がある株式会社ダイレクトソーシングが、LinkedInの機能とLinkedInを用いた採用事例をまとめています。

関連記事

LinkedInとは?使い方・活用方法を公式パートナーが解説

30分の気軽な相談会を
開催しています

小野

小野

電気通信大学卒業後、SMBC日興証券株式会社、Web広告代理店を経て、株式会社ダイレクトソーシングにセールスとして参加。 これまで得てきた「お客様と仲良くなる」という手法のみでは成績を上げられず、「お客様の課題を正確に抽出し、データや事例を駆使した提案を行う」という方法を会得し、Sales Managerのポジションへ。 エンジニアリング×マーケティング×セールスの知識とサッカーで鍛えたフィジカルを武器に、セールス活動のみならず自社マーケティング施策の設計・運営や採用戦略お悩み相談室の主催など多方面に活動。