新卒採用でも
ダイレクト採用がブームに

就活生の3人に
1人 (20万人)が利用

※HR総研2018-2020年調査

  • 研究で忙しい理系学生は
    スカウトからの入社が主流に

    研究内容に特化したスカウトメディアを利用し、研究内容と仕事を直結させた方が良いと考える学生が増えています。

  • “わかっている”企業は
    優秀学生を早期にアプローチ

    インターンシップの早期化が進行。優秀な学生にいち早くコンタクトをするためにダイレクト利用が増えています。

  • 優秀学生が大手から
    ベンチャーに流れているのは
    ダイレクト採用が影響

    ベンチャー企業の新卒採用の主戦場はダイレクト採用に移行してきています。

ダイレクト採用を
始める企業が年々増加

東証一部上場企業や大手企業を含む
10,000社以上の
企業が実施

しかし悩みも…

  • どのスカウトメディアが
    自社にマッチしているか
    わからない

  • どのくらいの効果が
    あるかわからない

  • スカウトする
    工数がさけない

このような悩みを
解決する為に生まれたのが
新卒向けダイレクト
リクルーティングサービスです

3つの特長

01

貴社にマッチした
スカウトメディアを選定します。

35万件、全20種類媒体のソーシングデータをもとに、
ダイレクト採用を成功させる最短ルートを導き出します。

最適なメディアをセレクト

02

採用シミュレーターで応募数の
予測値が事前にわかります。

「どのくらいの応募が集まるのか?」などの
“事前に知っておきたい情報”が、ご利用前にわかります。

応募の予測値を把握

03

プロのソーサーが
マッチした候補者にスカウトを送ります。

エンジニアを中心としたプロのソーサーが
求人要件にマッチした候補者にスカウトメールを送ります。

質の高いソーシングスキル

サービス内容

新卒採用のダイレクトリクルーティングに幅広く対応。
貴社に最適なプランを提案・実施いたします。

ご利用開始
  • 01

    プランニング

    採用計画にもとづき、最適な母集団形成のポートフォリオを提案します。

    利用
    開始
  • 02

    最適なメディアの選定

    様々なスカウトメディアの中で、貴社の採用要件にマッチした最適なメディアを提案いたします。

    2週間
  • 03

    ダイレクトリク
    ルーティング支援

    ダイレクトリクルーティングのプロが、様々なメディアの中からマッチした候補者を発見し、スカウトメールを送ります。

    スカウト開始
  • 04

    候補者対応

    返信のあった候補者から情報をいただき、ATS(採用管理ツール)に登録します。

  • 05

    課題検証

    返信率・面談連携率などのデータをもとに、課題を抽出し、PDCAをまわします。

ダイレクト採用中心組織へ

サポート体制

あらゆるスカウトメディアから候補者を一元管理し、
ソーシングから採用管理登録までをマネジメントいたします。

料金プラン

採用規模やお客様の課題に応じて3種類のプランを用意しております。

  • TRIAL

    ダイレクト採用を
    体験したい方向け

    300,000/1ヶ月

    3ヶ月からの契約

    • 全体設計
    • メール文面作成
    • 母集団形成(100通/月)
    • ATS連携
    • レポーティング
  • BUSINESS

    新卒学生のスキルや研究内容を
    ターゲティングしたい方向け

    500,000/1ヶ月

    3ヶ月からの契約

    • 全体設計
    • メール文面作成
    • 母集団形成(100通/月)
    • ATS連携
    • レポーティング
    • コンサルティング
    • メール文面個別カスタマイズ
  • ENTERPRISE

    ダイレクト採用を自社に
    定着させたい方向け

    カスタマイズ

    • 貴社独自のフローにあわせたオペレーションや、応募者のフォローアップ
    • SNS広告等を利用した母集団形成
    • ペルソナにあわせたブランディングやナーチャリングプロセスの設計

    別途お見積りいたしますので、
    お気軽にお問い合わせください。

導入までの流れ

契約締結から運用開始まで、最短で2週間ほどのお時間をいただきます。

  • 01

    ヒアリング

    ダイレクト採用における課題、
    ポジションについてのご相談

  • 02

    シミュレーション

    各ダイレクトメディアの
    母集団調査、
    ダイレクト採用のKPI設定

  • 03

    ご契約

    ご契約書の締結

  • 04

    開始

    プロジェクトの開始

ダイレクト採用を加速させる。

3分で
分かる
サービス詳細資料を
ダウンロード
ダイレクト採用支援に
ついて相談する

※ご相談いただいた方のみ弊社からご連絡いたします。

DIRECT RECRUITING

Direct Sourcing Inc.が
ダイレクト採用を加速する
4つの強み

01

ソーシングに強い

専門のプロソーサーが
企業にマッチした候補者を探します。

ソーシングを弊社に依頼することで質が低下することはありません。
エンジニアやマーケター等の経歴をもつ、ソーシングのスペシャリストが候補者発見からスカウトを行うことで、お客様にとって最適な候補者にアプローチします。

02

メディアに強い

様々なパートナーシップにより、マッチした
メディアの選定から導入を支援します。

新卒・中途向けスカウトメディアから、コードテスト、ATS等、採用活動を効率化する様々な企業と強力なパートナーシップを結ぶことで、
お客様の課題に応じた最適なソリューションを提案します。

03

セキュリティに強い

国内法、GDPRを考慮した正しい運用を
提供します。

近年、採用の経路が増加しターゲットはグローバルまで広がってきており、個人情報の管理がより煩雑化してきています。
弊社では大手企業や外資系企業、海外採用の経験から、国内法のみならずGDPRまでを含めた、正しい運用を提供いたします。

04

データに強い

求人要件にマッチした方の
メディア別の母集団数から返信率、
応募率等のシミュレーションが可能です。

創業以来蓄積してきた30万件を超えるスカウトデータをもとにシミュレーションをすることで、ダイレクト採用における不安を、ご契約前に解消できます。

新卒でダイレクト採用に成功している企業
活用事例

インターンの母集団形成に
ダイレクトを導入。
数から質への転換を加速。

Yahooの新卒採用では、これまでは自社ホームページからの流入やイベントでの集客が中心でした。"母集団の数"という側面では、課題はなかったのですが、"母集団の質"の面で、大きな課題がありました。
そこで、ダイレクトリクルーティングに挑戦することにしました。結果、母集団の量・質ともに向上し、採用活動がかなり効率化されたと思います。
採用イベントが減ったことで、土日の出社も減りました(笑)

ヤフー株式会社とダイレクトリクルーティング

様々な企業をサポート中

大手企業からベンチャー企業まで
様々な規模のお客様のダイレクト採用を支援しています。

ダイレクトメディアとの
パートナー

様々なスカウト媒体とパートナーシップを結ぶことで
効果的なダイレクトリクルーティングの手法を確立しています。

サービス開発ストーリー

COO中村洋介

詳細な経歴

前職の経験から新卒でも
ダイレクト採用が有効であると
わかっていたが…

ダイレクト採用では、自社でターゲットしている大学や研究室の学生に直接アプローチすることができます。また、学生の研究内容にマッチした仕事を案内することができますし、他社に先駆けて、アプローチすることで、内定承諾率もあがることが見込まれます。
しかし、現実は、新卒採用の時期にくると日々の作業で忙殺されてしまい、結果的に昨年と同じ予算、同じ採用プロセスをそのまま実施してしまうのがほとんどです。

「有効性はわかる、しかし現実は厳しい」そのギャップを埋めることはできないか?と考え、開発したのが「新卒向けダイレクトソーシングサービス」です。
様々な過去のスカウトデータをもとに、最適なスカウトメディアやKPIが設定できるため、導入時からブーストがかけられます。

お問い合わせはこちら

ダイレクト採用を加速させる。

3分で
分かる
サービス詳細資料を
ダウンロード
ダイレクト採用支援に
ついて相談する

※ご相談いただいた方のみ弊社からご連絡いたします。

DIRECT RECRUITING

よくあるご質問

Q. どんな企業の採用支援をしていますか?
A.

外資系企業や日系大手企業を中心に、ベンチャー企業の採用も支援させていただいております。

Q. 支援を得意とする業種・職種はありますか?
A.

IT系人材に関する採用実績が多いです。その他の業種・職種の採用実績も多数ございます。

Q. 契約期間はどれくらいですか?
A.

契約期間は3か月~です。詳しくはこちらよりお問い合せください。

Q. 他社と比較した際の強みは何ですか?
A.

2点あります。
1点目は、データに基づいたダイレクト採用の戦略立案および実行まで支援できる点です。過去35万件、全20種類以上の媒体のソーシングデータを独自に保有しており、ダイレクト採用を成功させる最短ルートを導き出すことができます。エンジニア中心メンバーの組織だからこそできる価値です。
2点目は、ポジションについて深い知見を持った人間が採用支援をする点です。例えばエンジニアの採用支援はエンジニア経験者が、マーケターの採用支援はマーケティング経験者が行います。

Q. 普段のコミュニケーションはどのように行えますか?
A.

Eメール、Slack、Chatwork、Teamsなど様々なツールに対応可能です。
また、必要に応じてZoomやGoogle Meetsでのオンライン会議も行います。基本はオンラインでやりとりをさせていただきます。

Q. 採用ブランディングの依頼も可能でしょうか?
A.

もちろん可能でございます。
流入経路解析やユーザーインタビュー、競合分析などを通して最適なメディア・SNSを設計。採用ペルソナへの認知・興味・欲求を喚起するクリエイティブ制作・運用が可能です。詳しい事例・実績に関してはこちらよりお問い合せください。

Q. コミュニケーション工数が余計にかかりそうですが、ダイレクトソーシング社に採用支援を依頼することでどれくらい工数は削減されますか?
A.

結論、工数は増えないです。
前提として原則、人事担当者ではなく採用責任者と直接コミュニケーションを取らせていただくことが多いです。プロジェクト開始後、候補者のイメージを共有するために、初期ヒアリングやフィードバックに2時間程度頂きますが、これにより精度を高め、人事書類選考の工数削減を狙います。某支援先企業では、書類選考通過率が80%-90%程度と高い数値を実現できています。さらに、実際にスカウトメールを送った候補者の集計データをもとに、採用責任者とターゲットのすり合わせを行うため、PDCAを高速で回すことが可能です。